【感想】マンションは10年で買い替えなさい

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

マンションは10年で買い替えなさい

   

あらすじ

マンションサーフィンと言うサイトで有名な作者がおくる
マンションは10年ごとに買い替えるのがおすすめと言う話

感想

うーん、マンションは10年で買い換える理由が値下がりしないマンションをちゃんと買える前提と言うのがすでに微妙。
マンションを10年で買い換える理由って言うのが
大規模修繕費のサイクルが新築から購入して10年程度でやってくるから大規模修繕費を徴収されるまえにマンションから脱出せよって言う理屈。

これ、基本的に新築からマンションを購入してから10年間マンションの価格がほぼ下落しない、または
横ばいであることを前提としてる。
たしかに、超都心マンションだと下落率は比較的少ないけど一般人には手が届かないレベルのマンションばかり。
特に、新築、築浅なんて普通の人には買えない。

この作者が提示しているマンション(広さをコンパクトサイズに抑える)、5000万~6000万も
普通の中央値年収で限界ギリギリまでローン組んだら買えるかなーってレベル。
このレベルのローンを組むのってかなり危険。
完全にハイリスク・ハイリターンな投資になる。

購入した物件がが10年後もほぼ横ばい、または上がる家を購入すれば大丈夫とか
作者が言ってるけど不動産バイヤーでもない一般人が何故そんなうまいこと買えるのか?
失敗したときのリスクの大きさとかこれぽっちも考慮されていないのが気になる。
ただ、1点だけ多いに賛成できるなと思うのは郊外家新築を買うなと言う点。
そこだけは納得できる。

下落率が死ぬほど高いし、郊外新築一戸建てこそよく一般的に言う新築買って鍵あけた瞬間2割下落するってやつだし。
全体的、共感できるところはもちろんあるけど一般人がこの本を鵜呑みにして10年ごとに本当に
マンションを買ったりすると痛い目に合う。
評価
☆☆/5

 - 本感想