げんしけん(20) - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

げんしけん(20)

   

あらすじ
斑目ハーレムに決着をつけるべく一人一人とデートをする話
感想
げんしけん第2シーズンも気づけば20冊もでたのか。
すでに初代より長いけど斑目のハーレム話も
正直グダグダになってきた感が否めない。
そんな今巻の最大の山場は波戸のことが実は好きだと言うことを
実質的に伝わってしまった件。
個人的には波戸、斑目ルートよりこっちの未来のほうが現実的だと思うので
この流れでお願いしたい。
でもこの流れだと人として好きなのかそうじゃないのかが割りと曖昧なのでなんとも言えない。
波戸事態が所謂完全に男性にしか興味が持てないと言うわけではない時点で茨ルートである波戸?斑目っていうのはなあ。
そして、最後にようやく斑目がこのハーレム状態に答えを出そうとして終了。
なんとなく、誰も選択しないルートになってしまうんじゃないかと言う気がしてきた。

 - 本感想