FitbitCharge HR使用して1年した感想 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

FitbitCharge HR使用して1年した感想

   

去年の6月頃に初めて活動量計(FitbitCharge HR)と呼ばれるものを購入した。
FitbitCharge HR
1年間経過してその後の使い勝手とかを語ってみる。
・自動で計測してくれるアクティビティの精度が高い。
なにか運動していたら自動的に1時間ランニングしたとか登録してくれるんだけど
自転車で走った時とかちゃんと野外サイクリングで登録されていてかなりびっくりした。
ランニングとかウオーキングとかエアロビクスはわかるけどなんで自転車は何故わかるのだろうと不思議に思えるレベル。
・睡眠記録が自動計測してくれる。
寝返りをうった回数が計測されて深い眠りと浅い眠りが判別されるのはすごく良い。
ただし、例えばベッドで本を読んでたときなんかはあんまり動かないので寝てると判定される。
・体重と体脂肪の記録
体重に関しては1週間の平均体重がでるけど体脂肪はでないの表示して欲しい。
・電池の持ち
毎日お風呂に入る時に充電してるだけで問題なく持つ。
電池の持ちはかなり良い。
・つけ心地
普段はそんなに気にならないけど仕事をしているときは邪魔なので腕のほうまで寄せてる。
・連動アプリ
この辺り一切使ってないけどアプリには一応、電話とかメール連携機能もある。
ただ、fit bitと常に同期させていると電池の持ちはかなり悪くなる可能性が高い。
アプリとPC用のブラウザと2種類で今までの成果が確認できるけどダッシュボードはかなり見やすい。
バッチ制度があって一定距離や階段など達成したらバッチと呼ばれる称号が獲得されたお知らせが通知される。
これは1週間に1回メールで今週の活動情報のお知らせメールが貰えるけどそこにも記載されている。
一種の目標にも使えるしあとはこのfit bitを他にも愛用してる人と競争したりできるのでモチベーションを高め合うには良い。
まあ、あいにく私は他に使っている人がいないのでぼっちですが・・・。
dasyu

まとめ

計測的な意味でいくとかなり正確に取れるし
毎日計画的に運動しようとか歩こうとか考えられるようになった。
可視化と言う意味では2016年6月20日現在でも心拍数も正確に運動時に反映できる活動計はあまりない。
運動を計画的にしたい人にはかなりおすすめの一品。

 - 雑記