六本木で深夜までやってる絶品かき氷屋yelo - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

六本木で深夜までやってる絶品かき氷屋yelo

   

最近めっきり暑くなってきたので無償にかき氷なんて食べたくなってきた。
いくつか有名なお店はある中六本木の駅チカで明け方まで営業していると言う
かき氷屋「yelo」に金曜の夜9時ぐらいに行った。
土日の昼間は死ぬほど並ぶらしいので金曜の夜9時なら行けるでしょ。
とか余裕かましたが死ぬほど甘かった。
結構な行例ができていて結局店に入るまで40分ほど並んだ。
40分も馬鹿みたいに一人で並んでる奴なんて私だけだが頑張った。
このお店の特徴は「アボガド」、「にんじん」と言う変わり種が名物。
いろいろと悩んだ末「有機にんじんマスカルポーネ」900円をチョイス。
正直、かき氷なんて普段350円レベルしか食べてないからただの氷で1000円近いとか高すぎでしょ!
食べた感想としては口に入れた瞬間ふわっと溶ける感触。
にんじんを感じさせない甘みと良い。
これは900円かかるわと納得。
マスカルポーネとにんじんの組み合わせが違和感がない。
900円支払う価値はあるけどできれば並びたくないと言う人は深夜に行くことをおすすめする。
かき氷

東京都港区六本木5-2-11
パティオ六本木1F
OPEN : AM11:00 〜 明け方
(日曜日、祝日 〜PM11:00)

 - 雑記