ただし、彼はヤンデレにさえモテませんの感想

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ただし、彼はヤンデレにさえモテません

   

あらすじ
すべてが平均点な高校生御厨シンイチは幼なじみの犬神サチに頼まれてストーカーの練習に付き合う話
感想
この小説の注意点としてはヤンデレ小説ではないって言うこと。
ただの、ハーレムものの普通のラノベ小説だった。
たしかに、幼なじみはヤンデレっぽい行動とるけど
素直で誰からも愛されるかわいいヒロインが虚ろな目をして
突拍子もない行動するからそのギャップがヤンデレの魅力なのに
最初からクラスの周囲から浮いてる底辺キャラっぽいのがヤンデレ行動取られてもって感じがする。
ハーレム小説の中身らしく双子の美形兄弟が実は主人公のことが好きと言うことを匂わせつつ
終わったけどこのヤンデレヒロインサチがに魅力がないので2巻を読むかどうか厳しいところ。
評価
☆☆/5

 - 本感想