ようこそ実力至上主義の教室へ2 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ようこそ実力至上主義の教室へ2

      2016/04/15

あらすじ

須藤が暴力事件を起こして訴えられる話

感想

今巻も面白いなと思ってたら作者って

エロゲーライターだったのか。

道理、なんか熟れてるなと思った。

今回も更に謎が謎を呼ぶ展開でありつつ

黒幕っぽいのが登場したりDクラスの個人が抱えてる欠陥とは

何かとか今後楽しみ

評価

☆☆☆☆/5

ようこそ実力至上主義の教室へ (2) (MF文庫J)

ようこそ実力至上主義の教室へ (2) (MF文庫J)

 - 本感想