特殊報道部 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

特殊報道部

   

ゲームプレイ時間はわからないけどボリュームは少なめ

システム

1つのシナリオにエンディングが2つ。

ときおり、間違い探しのようなコーナーと最後に

タイミングよく映像をいれるコーナーで評価がつくけど特にゲームに影響はなし。

CG

口パクぐらいついて欲しいと思うし立ち絵があんまりうごかなくて

手抜き感が半端ない。

音楽

特に印象に残ったところもなし。

声優陣はとてもよくあっていた。

特にプロディーサー約の藤原啓治は適当な人の約が素晴らしい。

シナリオ

人体発火現象やエシュロンなど一昔まえに流行してそうな

胡散臭い内容を追ったりしてシナリオだけはめちゃくちゃおもしろかった。

特に、最後にこのエンディングが2つある意味もちゃんとあって

感心した。

感想

兎に角、最近のゲームと比べたらしょぼいけど

シナリオと登場人物が素晴らしくいい味だしていた。

面白かったので演出面をもう少しグレードアップして

次回作をだして欲しい。

特殊報道部

特殊報道部

 - ゲーム