H+P(6) ―ひめぱら― - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

H+P(6) ―ひめぱら―

   

あらすじ

帝国にとらわれてしまった恭太郎の話

感想

今回は、5人姉妹も女帝も幼女な話。

悪の女帝と思われていた女帝は実は賢くていうか

かなりアメリカ的な考えの持ち主。

女帝の将軍裏切りのオチはちょっとあざとい気がした。

評価

★★★/5

H+P(6)  ―ひめぱら― (富士見ファンタジア文庫)

H+P(6) ―ひめぱら― (富士見ファンタジア文庫)

 - 本感想