ダンタリアンの書架2 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

ダンタリアンの書架2

      2016/04/12

あらすじ

祖父が残した蔵書を鑑定したり茨の森に挑んでみたりする話

感想

今回も1話完結形式と最後にダンタリアンの書架の謎に迫る1編の構成。

ずば抜けて面白いわけでもないが普通に安心して読めるクオリティ。

個人的には小出しにして最後に謎に迫る話があまり好きではない。

評価

★★★/5

ダンタリアンの書架2 (角川スニーカー文庫)

ダンタリアンの書架2 (角川スニーカー文庫)

 - 本感想