エンドロールまであと、 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

エンドロールまであと、

      2016/04/12

あらすじ

世にも珍しい一卵性の双子で男女で生まれた右布子と左馬之助

と旧家の話

感想

まあ、ぶっちゃけると双子の兄弟の禁断の恋が

と煽ってるけど別にそこが重要なわけではなくて

どっちかと言うと周囲にも絶大な権力をを握る祖母と

それゆえに好きな人生を歩めない双子とその周囲の青春が

主軸だと思う。

それにしても、右布子の精神が幼いなと思う。

まあ、わざとだとそう言うふうに描かれててるんだと思うけど。

だからあんまり禁断の恋とかってその辺は期待して読まないほうが良いと思う。

評価

★★★/5

エンドロールまであと、 (ルルル文庫)

エンドロールまであと、 (ルルル文庫)

 - 本感想