ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

一人暮らしによる一人暮らしのためのブログ

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ!

      2016/04/12

あらすじ

愛するギャルゲー「エターナルイノセンス」の世界が現実となってしまった話

感想

えんため大賞の優秀賞作品だそうだ。

ギャルゲーの世界が現実世界になると言うまるで脳内嫁や

脳内彼女を妄想が具現化するという世の中ギャルゲーマーが狂気乱舞するような話。

読んだ感想としてはアイディア勝負だなと思った。

一見、ちょっと誰でも思いつきそうな感じだけどうまくまとまってると思う。

ただ、ラストはないと思うよ。

ゲームはやはり、終わりがあるからゲームだと思う。

評価

★★★★/5

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! (ファミ通文庫)

ギャルゲヱの世界よ、ようこそ! (ファミ通文庫)

 - 本感想