H+P(2) ―ひめぱら― - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

H+P(2) ―ひめぱら―

   

あらすじ

ある日突然異世界ファンタジーに召還された普通の高校生より身持ちの固い

恭太郎は本日もお姫様との子作りに逃げ惑う日々の話

感想

そろそろ、お色気スン止めだけだと面白くなくなってきた。

話はぜんぜん進まないし。

微妙だと分かってるけど買ってしまう。

評価

★★/5

H+P(2)  ―ひめぱら― (富士見ファンタジア文庫)

H+P(2) ―ひめぱら― (富士見ファンタジア文庫)

 - 本感想