“文学少女”と死にたがりの道化 - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

“文学少女”と死にたがりの道化

   

あらすじ

自称文学少女である天野遠子は本を食べてしまう。そんな彼女と同じ文芸部部員である井上心葉の二人に「恋を叶えて欲しい」と言う依頼が転がり込んできた話

感想

各所で面白いと話題の「文学少女」シリーズ。なるほど、文句なしに面白かった。一応、ジャンル的には学園ミステリーになるのかな。

最後の最後まで二転三転するストーリーは読んでいて最後までうなるしかない。

どうやら、シリーズを通して毎回名作がオマージュされるみたい。で、今回は「人間失格」太宰治の作品って「走れメロス」と「人間失格」しか読んだことがないので

他の作品も読んでみたいと思えた。

評価★★★★★/5

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

“文学少女”と死にたがりの道化 (ファミ通文庫)

 - 本感想