マリア様がみてる (くもりガラスの向こう側) - ルルドルフ春眠日記

ルルドルフ春眠日記

都内で気ままにラノベの感想やらを綴る

マリア様がみてる (くもりガラスの向こう側)

      2016/06/21

あらすじ

ドリルになんとなく妹にしたい衝動に駆られて告白してみたけどあえなく玉砕。

そんな祐巳を慰めようと薔薇の館の面子と祥子様が正月に新年会を開いて騒ぐ話

感想

ちょっwwwwなんでドリルと祐巳が一言も会話してないんだと小一時間問い詰めたい。

前作で、展開が進んだと思ったのに・・・。三歩進んで二歩下がる状態。でも、新年会のすごろくは凄く面白かった。部屋ごとがすごろくのマス目とかいっぺんやってみたい。個人的には黄薔薇姉妹が踊った昔のアイドルは ピンク・レディーではないだろうかと思っています。ていうか、ぜひともこの部分をアニメで見たいと思いました。

まとめ

いつもの、日常のんびり話。可もなく不可もなく。

評価★★★/5

 - 本感想